スタッフインタビューSTAFF INTERVIEW

松田 薫

トップとの距離が近く、職場の風通しは良好。社内コミュニケーションも活発です。運輸事業所(倉敷) ドライバー 松田 薫(2017年入社)

  • 松田 薫

    社長の人柄が、入社の決め手に。トップが話を聞いてくれるので、安心感があります。

    大型タンクローリーに乗車して高圧ガスを運搬しており、日によって10t車から25t車までさまざまな車に乗り、工場や病院などへ酸素やエチレン、アルゴン等を届けています。岡山県内をはじめ、山口県や福岡県といった遠方までガスを運ぶこともありますが、すべて日帰りです。前職でも同じ仕事をしており、経験を活かして転職活動をしているときに当社と出会いました。社長が直接面接をしてくれ、会話を重ねるうちに「話をよく聞いてもらえるし、信頼できる人だ」と感じたことが入社のきっかけです。働き始めてからも、定期的に協力会社に社長自らお土産を持参して様子を見に来てくれ、面接時に抱いていた印象がさらに強まりました。多くの社員とは違う職場で働いていますが、倉敷事業所のメンバーが部署を超えて集まるBBQも開かれるのでしっかりコミュニケーションを取れています。おかげでプライベートでも親交がある仲間ができました。他県から引っ越してきてまだ日が浅いので、普段から交流を持てる仲間ができたことは心強く、私の生きがいになっています。

  • 松田 薫

    社歴を問わず提案を聞いてくれる柔軟さが魅力。積極的な姿勢を認めてもらえました。

    ドライバーとして20年以上勤務していますが、いまでも基本通りに業務を進めることを心がけています。基本を守ることは、安全遵守につながります。特に、現在運搬しているガスはどれもマイナス100℃以下で保存されている危険なものなので慎重さが大切です。酸素やエチレンは着火源があると燃えてしまうため、火元や静電気などにも注意深く気を配っています。また、普段から気をつけているのは元気な挨拶です。気持ちの良い挨拶は、人に力を与えます。そこで、挨拶を社内でもっと強化していこうと社長に提案しました。入社して間もない頃だったのですが快諾してくれ、すぐに全社に発信。いままで以上に明るい声が、職場に響くようになりました。それだけでもうれしかったのですが、取り組みを提案したことが評価され、夏の決算時に功労賞をいただきました。入社して半年も経たない社員であっても、何かをしようとする姿勢を認めてくれる会社の姿勢に感動しました。ぜひこの会社で、定年まで走り続けたいです。

松田 薫

トムコで働きたい方へメッセージ

タンクローリーの仕事は手積み手降ろしがないため、大型免許を持つ女性ドライバーに最適だと思います。また『トムコ』の仕事は日帰りなので、ご家庭をお持ちの方にとっても非常に働きやすいです。勤務時間の調整も相談できるため、稼ぎたい人も、プライベートを大切にしたい人も、みんな満足できる環境があります。

取材日:取材日2017年11月

インタビュー一覧に戻る

PAGE TOPへ